紹介記事・リンク(サブリミナル効果有り)

Meter Chen著『東京最強五十間拉麺店 拉麺陳』
(香港:壹出版、2009年7月)

に上原店とトマトラーメンが紹介されました。

代々木上原 山手らーめん別館

 トマトラーメン700円+チャーシュー250円 味:☆☆☆ サービス:☆☆ 内装:☆ (三段階評価)

 いつ頃のことだっただろうか、最愛なる「トマトラーメン」を紹介するために、香港の記者たちをここへ連れて来たことがあった。少し食べては写真を撮り、少し食べては写真を撮り。記者たちが興味深そうに食べていて、それを見ていて私も大変嬉しく思ったことは、まだ記憶に新しい。

 この店は設計士ユアンが紹介してくれたのだが、彼が言うには、ここの「トマトラーメン」が美味で、これを食べなければダメだと強調していた。そして、一度これを食べてからというもの、以後もやめられなくなり、ちょっと時間があるとすぐに来るようになった。ただ、この店はやや外れたところに立地しており、アクセスが悪いのが、旅行客にとっては難題である。すなわち、あなたはこのために時間を割こうと思うだろうか? ショッピングが大事か、それともラーメンが大事か、それが問題だ。

 あまり悩むことなかれ、まずは一回お試しあれ! とりわけトマト食を好む同胞よ、このラーメンはあなたにとっては重大な意味を持つのだ。新宿駅から小田急線に乗って4つ目、「代々木上原」という駅で降り、そこから徒歩で5分から8分。更に言えば、ここは住宅地であり、買い物ができるような店は何一つ無い。ラーメンを食べることが目的である。そして、読者の皆様に美味しいラーメンを食べて頂くことも、また、我が目的なのである。

 しかし、本書では、もう一つ別のトマトラーメン、「太陽のトマト麺」を紹介しており、これはまた少し異なるものである。もしも、強いてこれらの二つから一方を選ばなければならないとすれば、仕方なくではあるが、私は恐らく山手を選ぶだろう。(日本語訳:幽玄の間)

原文はこちら

当ウェブサイトのバナーはこちらをご利用下さい。